初心者でもできる着物と浴衣の選び方とお手入れ方法を丁寧に紹介しています。

家庭でできる着物と浴衣のお手入れ方法から、初心者にぴったりな着物と浴衣の選び方まで紹介しています。

随時更新中

初心者歓迎/着物浴衣の選び方とお手入れ方法



着物と浴衣の簡単なお手入れ方法と着物の選び方を紹介しています。家庭でできるレベルの簡単なお手入れ方法です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告初心者歓迎/着物浴衣の選び方とお手入れ方法TOP↑

麻製品はなぜ高いか

夏は麻の着物や麻混の浴衣が涼しいといいます。


麻は綿の3倍の吸水性があり、水分を蒸発させるときに気化熱として熱を奪うので涼しいわけです。


ですから、下着を麻にするだけでもかなり涼しいわけですね。


しかし、麻の長襦袢はもちろんのこと、肌襦袢、裾よけ等もかなりお高いですね。


これはいったいどうしてなんだろうと素人ながらに思っていました。


上布などが高いというのは分かるのです。それだけ手間ひまがかかりますし、なにしろ技術が必要とされますから。


市販の麻の裾よけが高いのなら、自分で手作りしようかな、と思い、いろいろと調べているうちに、麻製品の高さの理由が何となくわかりました。


まず、裾よけにいいなと思う麻生地をみつけたのですが、それはそのままでは使えないのです。


というのも、目の粗い(つまり生地が薄い)麻布の場合、縮む率がかなり高いからです。


すると、水通しという作業をします。


一晩水につけておいて、それを翌日脱水してから干します。


そして、乾いたところでアイロンをかけるわけですね。


これでやっと裁断作業にかかれるわけです。


自分で手作りした方がかなり安いことは分かりましたが、それだけの手間が麻製品にはかかっているのだなあということに気づいた、着物初心者でした。

リネン


でもやっぱり夏は麻が涼しいです。
スポンサーサイト
着物・浴衣の雑学初心者歓迎/着物浴衣の選び方とお手入れ方法TOP↑

着物や浴衣の色

浴衣はカジュアル着ですから、自分の好きなお色目のものをお召しになればよいわけです。

着物もカジュアルに限ってはそうですね。

浴衣ですと、古典的なお色目は紺、紫、白あたりでしょうか。

ところで、夜の外出には白っぽい着物や浴衣がいいと言われます。

なぜでしょうか?

それは、白い色というのは、写真撮影でいうレフの役割をしてくれるので、顔色がよく見えるのです。

ですから、白い着物は肌がきれいに見えるといわれるわけです。

また、夜、白っぽい着物や浴衣をお召しになると、姿がぽっと浮き上がる感じがするので、夜は白がいいともいわれます。

ですが、これも人によりまして、気をつけないと、人によっては白っぽい着物や浴衣を夜お召しになると、寝間着に見えてしまうということもあるのです。

また、着物初心者の方は汚れも気になりますね。

洗える着物でしたら、文字通り洗えますのでそれほど汚れは気にならないかもしれませんが。

お召し物が汚れるかもしれないということにストレスを感じる方は、やはり自分が安心できるお色目のお着物や浴衣をお召しになった方がよいと思います。

汚れにばかり気を取られて、楽しめないのでは、本末転倒ですから。
着物・浴衣の雑学初心者歓迎/着物浴衣の選び方とお手入れ方法TOP↑

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

初心者歓迎/着物浴衣の選び方とお手入れ方法 since2006
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。