初心者でもできる着物と浴衣の選び方とお手入れ方法を丁寧に紹介しています。

家庭でできる着物と浴衣のお手入れ方法から、初心者にぴったりな着物と浴衣の選び方まで紹介しています。

随時更新中

初心者歓迎/着物浴衣の選び方とお手入れ方法



着物と浴衣の簡単なお手入れ方法と着物の選び方を紹介しています。家庭でできるレベルの簡単なお手入れ方法です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告初心者歓迎/着物浴衣の選び方とお手入れ方法TOP↑

初心者のきものお手入れ

きもののお手入れというと、クリーニング代が高いんじゃないの? と思われると思います。

それは、高級呉服の場合です。

木綿のきものなど、普段使いのきものなら、クリーニングに出してもだいたい1,000円~3,000円くらい。

ゆかたのように、汗をぐっしょりかいてしまうものはしまうものは別ですが、シーズンが終わったときに出すくらいでOKだそうです。

それも、木綿のきものなら、「ゆかた扱い可」でやってくれるクリーニング屋さんもあるので、ちょこちょこ近所のクリーニング屋さんに聞いてみるといいかもしれませんね。

また、食事のときなどに、うっかりつけてしまったシミは、湿らせたタオルをあててすぐに叩き出しましょう。

そのために、外出の際にはガーゼや白いハンカチに水を含ませたものを、ビニール袋に入れて持ち歩く人もいるくらいです。

肌着や足袋は普通に洗濯機で洗っても大丈夫なものが多いです。

ただ、このときもものによっては手洗いモードの方がよいかもしれません。

帯は洗わなくても平気です。

ただ、シミが付いてしまった場合は専門の業者(クリーニング店)などに頼んだ方がよさそうです。

これは私自身の話なのですが、今年の夏は木綿の半巾帯が大活躍してくれて、そこに帯板をいれていたものですから、けっこう汗をかいたような気がしました。

それで、クリーニングはできるのかな?と思い、行きつけのクリーニング屋さんに聞いてみたところ、実物を見てみないとはっきりとは分からないけれど、木綿の袷の半巾帯だと1,200円~2,000円くらいだと言われましたので、クリーニングに出そうと思っています。

また、浴衣などを長期間収納するときには、防虫剤とあわせて乾燥剤が不可欠です。

ただし、この防虫剤と乾燥剤なのですが、ものによっては化学反応を起こして変色してしまうものもあるそうなので、よく確かめてから使ってくださいね。
スポンサーサイト
一般的なお手入れ初心者歓迎/着物浴衣の選び方とお手入れ方法TOP↑

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

初心者歓迎/着物浴衣の選び方とお手入れ方法 since2006
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。