初心者でもできる着物と浴衣の選び方とお手入れ方法を丁寧に紹介しています。

家庭でできる着物と浴衣のお手入れ方法から、初心者にぴったりな着物と浴衣の選び方まで紹介しています。

随時更新中

初心者歓迎/着物浴衣の選び方とお手入れ方法



着物と浴衣の簡単なお手入れ方法と着物の選び方を紹介しています。家庭でできるレベルの簡単なお手入れ方法です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告初心者歓迎/着物浴衣の選び方とお手入れ方法TOP↑

応用がきくきもの

せっかくきものを買うなら、なるべく応用のきくきものを買いたいものです。

機会限定のきものもよいですが、もうちょっと気軽に着たい、でもお出かけにも着ていける、そんなきものがあると便利ですよね。

そんなとき便利なのは紺地のきものです。

おすすめなのは、きものほ乃香さんの木綿紬です。



ただ今早割消費税分0円!新柄登場で今年も来た☆今が旬の木綿のお着物はコレ!ただ今お仕立て期...   【送料無料】秋から春まで男女の木綿紬♪お仕立て込みのお値段ですF濃紺※お仕立て期間はページ...

ここにあげたのは、きもの・ほ乃香さんの木綿紬(濃紺)です。

これは、秋から春まで(つまり正絹のきものでいうと袷の季節ですね)活躍してくれます。

ただ、真冬はちょっと寒いので重ね着をした方がよいようです。


きものは重ね着をしてもさほど外に響きませんから洋服と違ってありがたいですね(笑)

ほかにも、小さい絣柄でほとんど無地に近い感じのものなども応用範囲が広いです。

なぜ、応用範囲が広いかと言いますと、半衿がとってもよく映えるからなんですね。

半衿はチラッとしか見えないものですが、顔のすぐ近くにありますから、意外と目がいくのです。

紺地のきものに合う半衿の柄は、白、桃の柄、赤い麻の葉柄、黄色いイチョウの柄、青い波の柄など……本当にいろいろとマッチしてくれます。

それと、帯もたいていのものはOKです。

名古屋帯でお太鼓に結べば、おでかけのきものにもなります。

その点、黒、紺、グレーの無地っぽいきものは、初心者が最初に手に入れるきものとしてはおすすめです。

きものを購入するときには、こんなことも参考にしてみてくださいね。
スポンサーサイト
おすすめの着物屋さん初心者歓迎/着物浴衣の選び方とお手入れ方法TOP↑

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

初心者歓迎/着物浴衣の選び方とお手入れ方法 since2006
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。