初心者でもできる着物と浴衣の選び方とお手入れ方法を丁寧に紹介しています。

家庭でできる着物と浴衣のお手入れ方法から、初心者にぴったりな着物と浴衣の選び方まで紹介しています。

随時更新中

初心者歓迎/着物浴衣の選び方とお手入れ方法



着物と浴衣の簡単なお手入れ方法と着物の選び方を紹介しています。家庭でできるレベルの簡単なお手入れ方法です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告初心者歓迎/着物浴衣の選び方とお手入れ方法TOP↑

織りに織りはダメ?

よく、きものの決まり事として「織りに染め」「染めに織り」という言葉を聞きます。

つまり、これは織りのきもの(木綿・麻・紬)には染めの帯を締める。

染めのきもの(一般的な正絹のきもの、訪問着、付け下げなど)には織りの帯を締めるという決まり事です。

ですから、本来であれば、普段着に木綿のきものを着ているのであれば、染めの帯を結ばなければいけないことになってしまいます。

染めの帯というと、染め名古屋帯が代表的です。

【送料無料】正絹染め名古屋帯(仕立上り)鉄紺地旬食物紋様   【送料無料】正絹染め名古屋帯(仕立上り)くすんだ柑子色に鹿の子柄  【送料無料】正絹染め名古屋帯(仕立上り)黒にかんざし

これらはすべてきもの・まるともさんの染め名古屋帯です。

価格は19,000円くらい。

きもの・まるともさんは普段着のお店ですから、染め名古屋帯や八寸名古屋帯が豊富に揃っていますよ。

ここにあげたのは、その一例です。

そして、話は最初に戻るのですが、織りのきものには必ず織りの帯を締めなければならないのか?問題です。

これなんですが、普段着、おしゃれ着に関してはずいぶん決まりが緩んできているようです。

ですから、織りのきものに織りの帯を締めても大丈夫です。

つまり、木綿のきものに木綿の帯を締めてもよいし、紬のきものに紬の八寸帯を締めてもいいということですね。

ちなみにきもの・ほ乃香さんで扱っているオールシーズン用の帯としてはこんなものがあります。

芭蕉の葉っぱの帯《半幅帯》  芭蕉の葉っぱの帯《名古屋帯》

左のものは半巾帯、右は同じ素材、柄の名古屋帯です。

西陣屋さんからもセレクトしてみましょう。

正絹 紬八寸名古屋帯《菱取花浪漫》お仕立て付き  正絹 紬八寸名古屋帯《山野風景文》お仕立て付き  正絹 紬八寸名古屋帯《古代エジプト色紙》お仕立て付き

ここにあげたのはすべて紬の八寸名古屋帯です。
ですからおしゃれ着用なんですね。

そして、きもの・ほ乃香さんの半巾帯、名古屋帯も、西陣屋さんの紬の八寸名古屋帯も10,000円以内の価格設定です。

普段着・おしゃれ着に関しては、自分の趣味が入り込む余地が多くなっているのですね。

でも、これあくまでも普段着、おしゃれ着に関してのことです。

冠婚葬祭は儀式ですから、決まりを守らなければなりません。

その点はお忘れなく。
スポンサーサイト
初心者歓迎/着物浴衣の選び方とお手入れ方法TOP↑

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

初心者歓迎/着物浴衣の選び方とお手入れ方法 since2006
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。