初心者でもできる着物と浴衣の選び方とお手入れ方法を丁寧に紹介しています。

家庭でできる着物と浴衣のお手入れ方法から、初心者にぴったりな着物と浴衣の選び方まで紹介しています。

随時更新中

初心者歓迎/着物浴衣の選び方とお手入れ方法



着物と浴衣の簡単なお手入れ方法と着物の選び方を紹介しています。家庭でできるレベルの簡単なお手入れ方法です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告初心者歓迎/着物浴衣の選び方とお手入れ方法TOP↑

着付けに最低限必要なもの

きものを着るのに、これだけはそろえようというものをあげていきます。

1 きもの(とりあえずあるもので。洗える着物でもOKですよ)

2 長襦袢(または二部式襦袢というものもあります)

3 半衿

4 帯(お好みで、名古屋帯か半巾帯を。初心者には半巾帯が楽です)

5 足袋(白足袋ではなくてもいいですよ。カラフルな足袋が売っているので、好きなものを)

6 下駄か草履(下駄は夏限定ではなく、紬や木綿、ウールや小紋に合わせて履いてもよいのだそうです)

7 腰紐(2~3本)

8 帯板(前板ともいいます)

9 伊達締め(なくても着物は着られますが、あると胸元が安定して着崩れしにくくなるようです。マジックテープ式のものもあります)

10 衿芯(長襦袢、または二部式襦袢の上に縫い付けた半衿に滑り込ませて使います。衿がしゃっきりします)

基本的に必要なものは上記のようなものですむと思います。

ただ、名古屋帯をお太鼓に結ぶときには上に加えて

帯枕 帯締め 帯揚げ

が必要になります。

半巾帯のときには基本的に帯締めは必要ありませんが、「矢の字」に結ぶときには必要になります。

あとは、半巾帯でも「リボン返し」や「割り角出し」に結ぶときには、飾りとして使うこともあります。

帯留をしたいときには「矢の字」「リボン返し「割り角出し」は便利ですよ。

三分紐(帯留用の短い帯締め)の結び目が後ろにかくれますからね。
スポンサーサイト
小物類初心者歓迎/着物浴衣の選び方とお手入れ方法TOP↑

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

初心者歓迎/着物浴衣の選び方とお手入れ方法 since2006
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。